プレゼントにおすすめ!肩をあたためる湯たんぽ

女性は冷え対策グッズがお好き!

女性は、男性よりも冷えになりやすいらしい

 

 筋肉量が少ないこと、月経のときは血液量が減ることがあるなどの生物的な理由が大きいようです。
栄養だけでなく、熱を運ぶのも血液。
それが十分にいきわたりにくいということですね。

 

 また、女性ホルモンは、体温調整する働きがある自律神経に影響を与えるそうです。
女性が経験する初潮、月経、妊娠、出産、閉経は女性ホルモンのバランスを大きく変化させます。
自律神経のバランスも崩れやすいということですね。

 

 女性のファッションは、保温や血流を度外視したものもありますね。そのことによる冷えもあると思います。
さらに、ダイエットのための食事制限で、必要なエネルギーをとっていない場合も、冷えますね。

 

 

冷え対策グッズはプレゼントに向いていると思う

 

 冷えに悩んでいる女性は多いので、プレゼントに「冷え対策グッズ」を選んだら、喜ばれる可能性は高いと思います。

 

 具体例を上げてみます。
 ・足元の冷え対策・・・「靴下」「スリッパ」「足元暖房器具」「足湯」「レッグウォーマー」
 ・背中などの冷え、寒さ対策(室内)・・・「ベスト」「室内着」「着る布団」「インナー」「ブランケット」「ひざ掛け」
 ・寒さ対策(外出時)・・・「マスク」「耳あて」「ベスト」「ぼうし」
 ・首元・・・「ネックウォーマー」「ストール」「マフラー」
 ・寝ているときの冷えたい策・・・「ゆたんぽ」「襟元グッズ」「電気毛布」

 

◆冷え対策グッズをプレゼントにするのがよい理由
@デザインよりも機能性重視で選べる
失敗のリスクを下げることができます。

 

デザインというのは、好みの個人差がとても大きいと思います。
例えば、ハンカチ。
気に入られるか気に入られないかは渡してみなければ分かりません。
いくら長年連れ添っていても、喜ばれるデザインのものを選ぶということは、至難の業です。

 

冷え対策グッズは、デザイン二の次でいいんです。
とにかく使いやすく効果があるものは、結果的に受け入れられます。
ネットなどで情報を集めることができますね。

 

つまりは、しっかりと調べれば、喜ばれる可能性が高まるということです。
冷え対策グッズは、おしゃれさでは、ランクは低いことが多いでしょうが、実用性では評価を上げることができます。

 

 

 

A相手が持っているかどうかわかりやすい
私がそうですが、妻がどんなアクセサリーを持っているか、はっきりは把握していません。
また、気に入るものを選べるとも思えません。

 

冷え対策グッズなら、ちょっと気をつけてみていれば、どんなものがあるのかわかると思います。
かぶりや失敗は少なくなります。

 

家事をしながら冷えを感じることも多いでしょうから、冷え対策に配慮してくれるということは、「家事をする自分をいたわってくれている」ということを感じてもらえる可能性も高いと思います。

 

 

奥さん(恋人)へのプレゼントで悩んだこと、ありませんか?

誕生日や、クリスマス、バレンタインのお返し(ホワイトデー)などに、何かプレゼントしたいなと思うことはあると思います。
(動機は単純では無いかも知れませんが)

 

私もそのときの懐事情で、予算は結構上下するのですが、
節目節目では、何か喜ばれるものを贈りたいものだと思っています。

 

何か必要としているものがあることが分かっているときには、楽です。
特に、「この本面白そうだね」という言葉を耳にしたときには、速攻でアマゾンで注文し、
「ちょっと早いけど、、、」と言って渡してしまいます。
飛び上がって喜びはしないけど、まあ、嫌がられはしませんね。

 

先日、ネットで「残念だったプレゼント」について調べてみたら、
・あきらかに安いもの
・趣味でないハンカチ・タオル
・趣味でないアクセサリー
・趣味でない服
・下着

 

などがあがっていました。
人によっては、「花をもらっても困る」ということもあるようです。

 

 

夫といえども、アクセサリーについて、妻がどんなものを持っているのか把握するのは難しいと思います。

 

また、どんなものを気に入ってくれるのか、も難題です。
たまたま、「お買い得」と思って購入したものは、えてして「残念なプレゼント」になりがちです。

 

アクセサリーを贈るならりと予算がある時に妻を連れて行って好きな物を選んでもらうのが良いでしょう。

 

サプライズ感はありませんが、満足感は高いと思います。

 

財布やバッグなども同じことが言えると思います。

 

 

雑貨やキッチングッズを贈ろうとするなら、一緒にパソコン画面を見ながら、あーだこーだいいながら選ぶのも楽しいと思います。

 

とりあえず、失敗の少ない方法は、一緒に選ぶこと! だと思います。

 

 

しかし、、、
たまには、ちょっとサプライズが欲しいときもありますね。

 

私の場合(アラフィフ夫婦です)クリスマスに湯たんぽを贈って喜ばれました。